新着情報 | 建機館は新車・中古の様々な環境リサイクル機械をご用意しております。

建機館
お問合せはこちら
海外製などの環境機系特殊建設機械専門!
新着情報

■該当件数15件中<1 ~ 10を表示> 1 | 2 次へ> 

2018/9月

カンボジアの建築・建設産業は、2014年以来毎年平均20%以上の成長を記録しています。
そんなカンボジアのプノンペンのダイヤモンド・アイランド・エキジビション&コンベンションセンターでカンボジア最大の建設・建機展「カンビルト2018」が9月12日〜14日まで開催されます。

中国、インド、イタリア、日本、韓国、マレーシア、シンガポール、台湾、タイを含む世界中の国々からの350社以上の出店があります。

当館員も視察に行く予定にしています。視察報告をお楽しみに!! カンビルト

2018/8月

日頃より、当館をご愛顧いただき有難う御座います。
当館の、お盆休業をお知らせします。
誠に勝手ながら弊当館のお盆休みは下記の通り休業とさせて頂きますので
何卒よろしくお願い申し上げます。

8月11日(土)〜15日(水)の5日間をお休みとさせて頂きます。

2018/7月

今月、18日(水)〜22日(日)までドイツのミュンヘンで「INTERFORST2018」林業関連国際見本市がメッセ・ミュンヘンで開催されます。

林業・木材関係の展示会で4年に1度開催され、前回は5万人の来場者がありました。木材破砕機・選別機なども多数のメーカーが参加し展示してあります。

当館員も視察に行く予定にしています。視察報告をお楽しみに!!

2018/6月

今月26日〜28日の3日間、イギリスのダービーシャーの田園地帯の中心にある石灰岩採石場で「ヒルヘッド展示会」が開催されます。

ヒルヘッドは2年に1回、実演展示会としては世界最大の展示会です。 普段の展示会では動画や展示機のみですが、当展示会は山の中の展示会場とあって、全てが実演可能な機械展示をしており、実際に破砕や選別などをします。(基本的には砕石場などで使用するクラッシャーやスクリーンの石質系の機械が中心です)
日本でもメジャーなメーカーさんとして・・メッツォ、サンドピック、クリーマン、パワースクリーン、マクロスキーなどの海外の石質系のメーカーはほぼ全て出展します。

当館員も視察に行く予定にしています。視察報告をお楽しみに!!

2018/5月

2018年5月22日(火) 〜25日(金)、東京ビッグサイトにて「2018NEW環境展」が開催されます。
当館もお取引のあるメーカーさんの、お手伝いもあり当日はビックサイトに居ります。昨年は国内外より15万8千人が訪れた環境リサイクル業界では最大の展示会となります。
是非、ご来場をお待ちしています。

2018/4月

当館のゴールデン・ウィークの休館日は下記日程とさせていただきます。

2018年4月29日(日)〜5月6日(日)

ご了承のほど宜しくお願いします。

2018/4月

今月4月23日から28日までの6日間、インターマット・パリが開催されます。
インターマット・パリは、三年に一度フランス、パリで開催される建設・建設機械およびその関連機器を中心とした国際見本市で、世界三大建機展のひとつです。世界中から業界を牽引する主要企業、サプライヤー、バイヤーが集結します。前回展(2015年)には、167ヶ国から183,000名が来場し、40ヶ国から1,410社が出展参加しました。インターマット・パリは、約30,000uにおよぶ屋外エリアで、最新建設機械のダイナミックなデモンストレーション「パリ・デモ」が行われることでも知られています。
当館員も視察に行く予定にしています。視察報告をお楽しみに!!

2018/3月

日本国内、いや、もしかしたら世界でもここだけしか見れない、「美空ひばりとジャネット・ジャクソン」の競演の様な、コマツBR580JGとクリーマンMC110Zの競演です。
※国内ではBR580JGの販売台数は5台(うち1台は平行輸入機)で、ほぼ製鉄所に納車されているので、この様にクリーマンと並べて破砕が実施出来る現場など他にはありません。
処理量はクリーマンがコマツの1.5倍ほど多く、燃費はクリーマンがコマツの1/2でした!!

2017/12月

この度、クリーマン社製ジョークラッシャーMC100R新車をご注文いただきました。
お客様は中間処理許認可の申請変更もあり、当館も日工さんの販売協力店として県の産業廃棄物対策課にて許認可関係の変更届けなどの書類作成やコンサルなど、お手伝いさせていただき商談も成約でき、有難う御座いました。

2017/10月

今年のNew環境展2017にも出展させていただきました日工製移動式土質改良機Mobixの新車販売が決定しました。
この度、導入を決定していただきました最大の理由の信頼性のある混合室が日工ブランドと言う事、混練りでは日工の技術はぴか一です!!

当館も微力ながら、日工さんの販売協力店としてお客様にご提案し商談成約となり、日工さんにご協力出来ました。ご発注有難う御座いました。

■該当件数15件中<1 ~ 10を表示> 1 | 2 次へ> 

PageTop